タオルの風合いを壊さないお洗濯方法をご紹介

タオルのふんわり感や、やわらかい感触は全て織り方の風合いに関わってきます。なので、タオルの風合いを壊さないようにお洗濯する方法をご紹介たします。ご家庭で使われているタオルのほとんどがパイル地(綿糸)で施され、パイルのループがふんわり立っている事で肌触りや、やわらかさを感じています。

お洗濯ではそのパイルのループを壊さない事が大きなポイントとなります。お洗濯の際には、タオルだけでなく他の衣類なども一緒にお洗濯されると思います。本来はタオルはタオル類だけで洗うのが一番良い方法です。とはいえ、そうはいかないでしょう・・・まずは、お洗濯はたっぷりの水で洗う事、洗剤は適量の量で構いません。

そしてすすぎは十分にすすぎましょう。パイル地の風合いを壊さない様にタオルはネットへ入れて洗う事がおすすめです。また、最近は水の少ないドラム式が多くなってきました。この際にもタオルはネットへ入れた方がパイルを潰してしまう心配もいらないでしょう。次に柔軟剤、質の良いタオルであれば柔軟剤を使う必要は全くありません。柔軟剤がなくても十分に吸水性はあるのです。

次に干す時のポイントです、干す時はまず形を整えてから軽く手でパタパタとタオルのパイルを起こしてから干すのが良い方法です。決してパンパンしてはいけません。また、タオルのパイルの風合いを壊さない為にも陰干ししましょう。タオルの取り扱いにも注意があります。濡れたままで放置しない事です。なぜなら、濡れたまま洗濯機へ入れたりしますと雑菌が繁殖し嫌な臭いを発生させてしまいます。いちど臭いが発生するとなかなか取り除く事ができません。

使えばお洗濯、もしくは風通しの良いところへ置いてからお洗濯すると良いでしょう。