たくさん販売されているタオル、サイズもさまざま使用別タオルの種類についてご紹介します

数多くあるタオルは用途に合わせて、またお肌に使う物だからこそ素材も考えて選んでいく事がタオル選びになります。ところでタオルの種類はというと小さいサイズのものから順番に、ハンドタオル(ハンカチタオルなどとも呼ばれます)、フェイスタオル(洗面所で使用するタオル。

顔を拭いたり、頭に巻いたりと用途は様々です)、ボディタオル(身体を洗う為のタオルです、石鹸やボディシャンプーを使うもの。一般的に麻素材のものが多いようです。)、バスタオル(お風呂上がりなどで身体を拭きとる為のタオル、身体をぐるりと巻くことの出来るサイズですが、

最近ではさらに大きいサイズも販売されています)、スポーツタオル(フェイスタオルよりも大きいサイズ、スポーツされた後に使います)、ビーチタオル(バスタオルのようでもあるが、ポンチョのような形をしており、プールから上がり着替え時に、身体を見えない用にする事と身体を拭きとる事を同時に行えるタオルです)、タオルマフラー(スポーツタオルを縦に半分にしたサイズ、応援グッズとしても人気のあるタオル)、

その他に用途は違いますが、タオルケット(就寝時に使うタオルで、寝ている時の汗を素早く吸収してくれる通気性の良いタオル)、タオルマット(お風呂上がりの足元の水分をしっかりと吸収してくれるタオル)というようにたくさんの用途別にあった豊富な種類に分かれています。

同時に、使用するシーンにあった素材や織方も様々に分かれているので、使うシーンに合わせて選ぶ必要があります。