タオルに表示されている綿100%とは?

綿100%の表示は、植物繊維の綿を100%使用している意味となりますが、そこには深いこだわりや特長を持っています。

綿は自然のものですから肌に優しい素材です。しかし、綿は世界中で生産されており様々な種類があり、それぞれ質の良いものから化粧用のコットンへ使う綿まで様々です。綿の特長は織り方によって違ってきます。柔らかい風合い、さらっとしていて吸水性に優れている事や、毛羽立ちの違いなど、たったひとつの素材でありながらだからこそこだわる事で使い心地の違う綿のタオルが生まれるといえるでしょう。

織り方とそれぞれが持つ特長は、「綿糸」一般的なタオルの織り方で、毛先がループになるパイル地仕上げになっています。「ワッフル織り」お菓子のワッフルのように凹凸の綿があり、吸水性に優れさらっとした肌触りです。「ジャガード織り」線や柄などの複雑な模様を全て織り込む事が可能になった織り方で、デザイン性が豊かで楽しめるタオルに仕上がります。

「ガーゼ」綿糸を粗く織ったものを言います。ふんわりと柔らかいのが特長で敏感な赤ちゃんのお肌へも安心して使う事ができます。「シャーリング」毛先をループにしているパイル綿の表面をカットしなめらかに仕上げたものをいいます。

一般的なタオルよりも優しくなめらかな特長を持ちます。綿100%といっても綿の産地や織り方で様々に変化する綿は、より使いやすさと心地良さを求めるには知識も必要かもしれませんね。