タオルソムリエがタオルを選ぶ時のポイント

タオルソムリエという資格があるのを皆さんはご存知でしょうか?ソムリエと呼ぶほどですから、タオルについてのスペシャリストの事をいいます。

今治商工会議所・四国タオル工業組合が実施する検定試験で2007年から始まりました。主な試験の内容は、タオルの歴史や文化、製法などの技術についての試験です。

合格率は平均60%と難しさを感じます。合格された方のみタオルソムリエという称号を持てるというわけです。そんなタオルソムリエがタオルの選び方のポイントをご紹介します。自然と誰もが自分好みのタオルを選んでいますが、たくさんのタオルの中から明確に自分の好みを伝え選ぶ事は難しいと思います。

それはタオルに求めている事がふんわり、やわらかくて、程良い厚みで、毛羽立たないなど、ほとんどが抽象的なものだからです。また、普段お家で使うのに適したタオルからお客様用のタオルなどシーンによって選び方が違ってくるのもタオル選びの難しさのひとつです。

選び方のポイントは4つ、①使われる人によって選ぶ ②使うシーンや場所によって選ぶ ③使いたいと考えているブランドで選ぶ ④タオルの機能(吸水・速乾性など)で選ぶに分けられると思います。そこへ、タオルサイズ、厚み、風合いを取り入れて選ぶ事がポイントです。あらかじめタオルを選ぶ前に①~⑤の中で1つを決めた上で選ぶと良いでしょう。

述べた以外には、敏感なお肌の方へ選ぶ、毛羽立たないタオル、色落ちしないタオルなどからも選ぶ事も可能です。