雨の多い季節でも大丈夫!部屋干しでもふんわりさせる方法

タオルでなくても雨の多い時期のお洗濯は大変です。特に敬遠しがちな部屋干しについては上手に出来ない方も多いのでは?部屋干しのタオルのお洗濯注意点とタオルをふんわり干す方法をご紹介いたします。

部屋干しをする時のタオルのお洗濯で注意したいポイントは6つあります。①水の量が少ない②お風呂の残り湯を使っている③洗濯機が終わってもすぐに干さない④お部屋の中でカーテンレールなどに干している⑤たくさんのお洗濯を詰めてほしている⑥部屋の換気をしないまま干している。以上6つのポイントがあるとすれば部屋干しのお洗濯に失敗しやすいです。

部屋干しの重要なポイントは、①湯残りは使わずに洗濯し、洗濯機が止まればすぐに干す②カーテンレールや窓に近い場所へは干さない③部屋の一番高い場所に干す④より乾くようにタオルとタオルを少し間を開けて干す⑤部屋の換気を行う⑥干している時にはエアコンをかける。以上の事が部屋干しで重要なポイントです。

こうすればお部屋やタオルにカビが生えたりなどの心配もいりません、雨であっても同じです。また、部屋干しする時の洗剤選びも大切です。カビの生えやすい部屋干しの時には、市販されている粉末洗剤(アタックやアリエールなど)を使いましょう。粉末洗剤には漂白剤が入っているのでカビの増殖を抑えてくれます。タオルを干す時のポイントは、干す前に形を整えて軽く両端を持ってパタパタする事でタオル生地のパイルが立ってきます。

必ずパイルを立てて干すとふんわり柔らかく干す事ができます。気をつける事がたくさんありましたが、カビの生えてしまったタオルは使いたくないですね。参考にして頂ければ幸いです。

ヒオリエで人気のタオルを検索!